FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Imagine Your Image
- 2007/05/23(Wed) -
Clive Christian No.1

いつものように、“欲しい物リスト”を作るのにあたって、大好きなビューティー関係のサイトにチェックを入れていたら、$2350+tax (約31万円)の香水を発見。

Clive Christianのその名もNo.1。
30mlの香水とその瓶。

“世界一高い香水として知られ、珍重で最高の素材が使われている。
ボトル首はブリリアンカットのダイヤで飾られています。
フローラルーオリエンタルな香り。
トップはパイナップル、プラム、ミラベル、バーガモット、レモンとカーデモン。
ミドルはローズ、ジャスミン、イランーイラン、オーリス、とラン。
ベースはバニラ、トンカ豆、ヒノキ、ビャクダン、ムスク。
1オンスのクリスタル瓶でダイヤ付き。
1999年にクライブ・クリスチャンがイギリスで由緒正しいクラウン・パフューマリーを買い取り、自然の素材からエキゾチックな香水つくりを創めました。
クラウン香水は1872年に創立され、その優秀な品質の保障として唯一ビクトリア女王から皇室の判の使用を許可されているパフューマリーでもあります。Clive Christianでは3つの香水しか出していません。このNo.1と1872とXだけ。それとメンズの3つ。“
 
と、書かれています。

これほど高い香水は一体どんなイメージの女性が身に纏うのでしょうか?
それに一体どのような香りがするのでしょうか?
なんだかお金の香りがしてきそうな香水。

実はこの香水、Katie HolmesがTom Cruiseとイタリアで挙式をあげたときに彼女がつけた物だそうです。 
Katieがこの香水を選んだ本当の理由とは何だったのでしょうね?
本来だとメーカーとしてはこういったPRは喉から手が出るほど美味しい話なのですが、最近のTom Cruiseは人気低迷で、各メディアでも馬鹿にされっぱなしのため、かえってこの話が秘話として葬られたおかげでこの香水のイメージダウンに繋がらなくてすんでメーカー側ではほっとしていたのかもしれません。
ゴシップ雑誌のタイトルにでも“お馬鹿な玉の輿女のつけたがる成金香水”と書かれた日にはそのダメージコントロールは大変。一端イメージが悪くなるとそれを改善するのには莫大なお金がかかるのは確かなことですから。
今回メディアでこれと言って取り上げられなかったのが不幸中の幸いとでも言えたのではないでしょうか。

そんなわけで、今の時代は何が幸いして何が災いになるのかが不透明なので、プロのPRグールーやSpin Doctorを雇ってクライアントのイメージを打ち出して行くわけであります。こうしたプロの手で色々なリスク・ファクターを計算していてもイメチェンやイメージアップに失敗することが多いのが現状なので、イメージ創りがいかに難しいタスクかがお解りいただけるかと思います。

そんなことを思い巡らしながら、 今朝はイメージのために使われるお金について混沌と考えておりました。

理想のイメージ創りの為なら、いくらお金がかかっても構わない。人は自己イメージ形成に対してどん欲かもしれません。

国も企業も政治家もタレントも平民も、時間とお金を惜しみなくイメージやPRのために使うのはそれなりの見返りが期待できるからなのではないでしょうか。
それが利益を得る為なのか、人から行為を持たれたいが為なのか、単に自己満足の為なのかは個々の目的によって異なって来るでしょうが、いずれにしろ欲しい結果の為のイメージ創りに日夜励むと言う事には万民皆変わり無い事と言えましょう。

イメージで人の有罪無罪が法廷で決まることがあるのは、一般市民の強制的審判制度を用いっているアメリカでは避けられないのが事実。
そのために犯罪を犯した被告でも地味で清楚なスーツをまとい、髪型もこぎれいにして、せめて刑が軽くなるように弁護士が必ず細工をさせます。有罪なのに無罪になったり、無罪なのに有罪になったりとイメージというものがいかに恐ろしいものかはOJ Simpsonの裁判の時にアメリカ国民は目の当たりにしたものでした。


では、所持金額、住んでいる場所と家、乗っている車、飛行機、ヨット、著名人友の輪、身に纏う物のように目に見える当たり前の物から発信されるイメージではなくて、もっと間接的にイメージ作りを演出して一役かっている物は何なんでしょうか?

最近お知り合いになれたお友達の方から、薔薇やジャスミンの香りが大好きと何回か聞いているものなので、最近ジャスミンや薔薇を見ると、その馨しい香りで彼女のことを思い起こします。薔薇のイメージが彼女のイメージと折り重なるとはこれぞ反復の威力とイメージの魔力がなすもの言えるでしょう。

やはりイメージと言うと視覚から飛び込んでくるものであって、香水のようなものから伺えるイメージは、視覚的ではないもっと五感的なものなので雰囲気と言ったほうが正しいのかもしれません。

“雰囲気のある女”というのも面白そうな内容になりそうなのでこれはまた次回の話の種として頭の片隅にでも仕舞っておきましょう。



皆さんは本当の自分と自分の醸し出すイメージとの距離はどれぐらいのギャップがあると思いますか?良い意味でのイメージ創りのためには何か努力されていることってありますか?

私のことを良くご存知でない方は、私の容姿だけからだと、お酒に強くて煙草を吸うギンギンのキャリアウーマンと仰ってくださいますが、私を含め、家族の者はそれを聞いて笑います。自分ではまったくそういうイメージをかもし出したいとも思ったこともないですし、そういう格好をしているとも思えないからでしょう。
単純に女の子らしい可愛らしい物が似合わないと子供のころ祖母に言われた後遺症から、シャープなラインと地味な色の物しか身につけないというだけなのですが、どこか弱い自分を見せたくないので強いイメージを無意識で前に出しているのかもしれません。
いい意味でも悪い意味でもイメージというのは怖いものですね。

やはりイメージというのは作るものなので、現実とイメージにギャップがあってあたりまえ、あるイメージを目標にコスメ、スキンケア、ファッションや趣味にお金と時間をついやすのではないでしょうか。素敵なイメージを頭で描くだけでその方向に近づいていけるという不思議さも持っているのが“イメージ”だと思いました。

欲しい物のリストに自分の近づきたいイメージを描きながら、今度欲しいコスメをリストアップしていくのが楽しいのはそれを購入することうんぬんよりも待ち望む自分の理想の姿がその用紙に見え隠れしているからかもしれませんね。

欲しい物のリストに書き込みをしてから手に入れるまでのどきどきものでひたすら待つ時間が1番幸せな時間、実際に手に入るとどうと言うこともないこと何かもあったりしませんか?

“欲しい物リスト“はただ。
買っても、買わなくても、買えなくても、叶っても、叶わなくても、なりたい自分に思いを巡らせて、さぁ、今日も欲しいものリストに色々な品々を足して、しばし楽しんでみてはいかがしょうか?



Things I want...

Love
Respect
Tenderness
Touch
etc, etc

Clive Christian Perfume のHP は www.clive.com
写真はBergdorf Goodmanからお借りしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | Fragrance フレグランズ | CM(25) | TB(0) | ▲ top
ひと夏の恋
- 2007/05/16(Wed) -
Bikini


まだ夏は遠いというのに、私の夏の恋はすでに始まって早くも終わってしまった。




燃え尽きるほど激しい思い、その思いもこれで終わり。
トムはそういう男。



女の欲しいものを知り尽くし、与えて、取り上げて去っていく。
彼はそういう男。



女の弱みに付け込んむことをなんとも思っていない。
才能に満ち溢れ、世界の女を虜にし、それなのににどこか影のあるトム。
女にまるで興味がないようなそぶりが追いかける女を沢山産み出す。



去年の夏、何気なしに気に留めた彼の存在。
熱狂的な女性ファンの支持を浴びたトム。



あの時はさほど興味があったわけではなかった彼の作品。



夏は過ぎて、忘れさったころ、秋が静かに訪れて、また彼は新たな作品を発表していた。
そう、この作品、1年前の冬にデビューしたと同時に、ファンに買い占められて瞬時完売してしまったコレクションがリバイバルされたもの。
今度は私の注意を本格的に引き寄せたトム。



実際に彼の作品を見に出向いて行き、手に取ってみた。
なんて美しい!
彼は本当に凄いアーチスト。



アーチストだから、わがままで、気まぐれで、冷たくても許してしまう。



ヌードをこれほどまで理解できる男は彼を除いて他にだれがいるだろうか?
女をこれほどまでに魅力的な世界に誘える男は彼以外にだれがいるだろうか?



この夏、トムとの再会を待ち焦がれ、苦しいほどに身が焦がれるような思いで彼を待っていたのに彼は夏の稲妻のごとく突然に来て、そしてあっさりといってしまった。





もうトム無しでは生きていかれない。

Tom Ford

でも、トム・フォードはゲイ。
彼は男性にしか興味ない方。
どの女性にも手の届かない存在なのです。




さて、トム・フォードコレクションは2005年冬、2006年夏と冬、2007年夏の4回かぎりのエステー・ローダーとの契約だったようで、今回が最後の限定コレクションと知ったファンは狂ったようになって買占めをしているため、あちこちのお店で2-3日で物によっては完売になってしまっています。エステーのHPでもAzuree Soleilのフレグランスはすでに完売。発売瞬時のことでした。

彼のコレクションは全て”ヌード”と”焼けた肌”がテーマ。
”ヌード”系の色しか使わない私にとって彼はなくてはならない存在。
彼なしで、これからどうやって化粧をしていけばいいの?
それほど彼のnudie colorは美しいです。
彼の秘密はどうも金粉を入れているところにあるようです。

2005年のデビューではAmber Nude、琥珀色のヌードがテーマのコレクション。
2006年夏はAzureeコレクションと銘打って、Azuree,
Cap Bronzee とSaint Tropeeの3展開があったコレクション。
2006年冬はあまりにも2005年に買い損ねたファンからのアンコール&ラブコールが多く、それに答えるために同じコレクションをリーピート。
そして今回の2007年夏、最後のコレクションはAzuree SoleilコレクションでBronzeeとSoireeの2展開から成り立つコレクション。

南フランスのSaint-TropezやCote D'Azur 等のメディテレニアンなフレンチ・リビエラをイメージして作られたこのコレクションは常夏の美しい肌色から想像していただけるとその美しさがお分かりいただけると思います。

モナコやカンヌのRich &Famousな女性が好みそうな彩り。

私が購入したのはBronzeeのみ。これは名の通り、ブロンズ系。
もうひとつのSoireeは落ち着いた大人の紫がかったブロンズとでもいいましょうか、説明が難しい色です。

パッケージはトルコブルーとゴールド。南フランスの海の色。





まだ夏になってもいないのに、恋は激しく燃えて、夏が来る前に燃焼し、消え去っていきました。



これが最後の再会。
トムを捕まえたい方々、是非お見逃しのないようにご注意を。





My Azuree Collection
Unauthoriszed use of this photo is prohibited by law.
Azure Packaging


Amber Nude Collectionについては後日記事にいたしますのでお楽しみに。
bronzee nail

bronzee lip

bronzee gloss

bronzee eye

bronzee eyeshodow

bronzee

azuree soleil

azuree oil

エスティ・ローダーのHPは www.esteelauder.com
以上8点の写真はノーデゥストロムからお借りいたしました。
この記事のURL | Cosmetics コスメ | CM(23) | TB(0) | ▲ top
「尊敬」「私はあなたにふさわしい」
- 2007/05/10(Thu) -



Iceberg Rose
Unauthoriszed use of this photo is prohibited by law.

白薔薇の花言葉。

お庭で小休憩中の為、もうしばらくお待ちください。
この記事のURL | Gardening ガーデニング | CM(4) | TB(0) | ▲ top
眠れる夜の美女
- 2007/05/08(Tue) -
Bed Stand
unauthorized use of this photo is prohibited.





眠りほど美容に大切なものはないとだれもが思っているはず。


たっぷり睡眠を摂って、栄養を摂り、ストレスを溜めなければ、特に若い人の場合、大して高額複雑なるスキンケアは必要ないはず...?
しかしながら若いと無理が利くため、つい不摂生をしてしまい、その代償をスキンケアやコスメに頼らざるを得なくなるのでしょうが、ね。


ある程度年齢が行くと、しっかり健康管理をしていてもスキンケアやコスメの力をかなり借りないと遺伝子の実力だけでは今一お肌の元気を支えにくくなるものです。
それだけに、このあたりの年齢だと夜更かしもせずにしっかり睡眠を摂るようになるのかもしれません。


そして更に年齢が進むと、若いころとは正反対に寝たくても眠れない、早朝から目が覚めてしまうという苦労が待っているらしいですね。
そうなると毎食30品目食べようと、目玉が飛び出すほど高い化粧品を使おうと、それ以前に老化から起きる色々な問題で悩まされるため、そんな大変さと上手く付き合って暮らしていかなければならないらしいことも事実。


男性は前立腺肥大から起こる障害でもっと大変だそうで、一晩通して眠れない毎日が待っているそうな...。




さて本題の美に不可欠な安眠、皆さんはどのような工夫をされているでしょうか?


私はベッドの横に小さなサンクチュアリー(憩いの場)を創るように心がけています。


好きな色、好きな花、好きな香り、大切なだれかの写真(愛犬!!)を置いて、眺めていると自然と深呼吸を誘うような空間を演出するのを楽しんでいます。


白が一番好きな色ですが、寝室に関してはいくらテクスチャーを重視して豊富にさまざまな白をレイヤーして装飾しても、やはり”ちょっと病院っぽい”ところがどことなく感じられがちなので、インテリア使い用の色では次に好きなグリーンをアクセント色に使ったりもします。
グリーンはシェードが他の色より豊富なのでその選択は難しいところもあるかもしれませんが、その人その人の個性を象徴しやすい色が必ず選べる色だと思います。
私の場合は枕元に飾ってある”グリーン”の小物を目から見るだけで”森林浴”みたいな効果が時には多少得られる、得?単細胞?な脳の仕掛けになっている幸せ者ですので、寝室にグリーンをアクセント色として使う選択はいたって簡単な決断でした。
でも本当にストレスが取れない緊急時用には、Sandalwood Essential Oilの小瓶も引き出しにそっと置いてあります(笑)。


色々な物にはまり易い私のもうひとつの趣味はハイエンド・キャンドル。
したがってキャンドル・フェチということになるのでしょうか?
それともキャンドル・スノッブと言っても過言ではないかも?
強い香りがだめなため、香水をつけなくなってからはキャンドルのほのかな香りでその埋め合わせをするようになりました。


今私的に注目しているのはdiptyqueというブランドのキャンドルです。
ハイエンド・キャンドルはかなり奥が深いので次回またキャンドルについては特別に記事として取り上げて書きたいと思います。
そしてこのdiptyqueと言うブランドもなかなかいろんなお気に入りがあるので、今後の記事でしっかり取り上げて書きたいと思っているので今回は特に詳しく書くのはスキップいたしましょう。
落ち着く香りは人それぞれとてもパーソナルなものなので香りのお薦めは意識してなるだけしないように心がけています。
私も個人的には一番落ち着く大好きな香りは我が家の末っ子の耳の匂いですから(笑)。



先日の記事に書きました水と美容、ロスは日本と違って乾燥が激しいので枕元に必ず水が置いてあります。


そして肝心な枕元のコスメグッズはといいますと、フットクリーム、ハンドクリームとリップクリームの3点。
効果効能を重視するのは当たり前ですが、ベッドサイドは目を閉じて安らかなる眠りにつく前に一日の一番最後に目に入ってくる”映像”であるだけでなく、目覚めて最初に目に飛び込んでくる”画像”でもあるのでパッケージ・デザインがインテリアと愛称がよいかどうかにもこだわりが出てくるところです。


もちろん大好きなブランドを大好きではない容器から取出して、違う素敵な容器に移し替えて使うことも可能ですが、衛生的にはオリジナルのパッケージのまま使わないとよくないでしょうし、空気に触れると酸化して成分が変化し効能も無くなってしまう恐れもあるので断念すべきと考え、最初からパッケージのデザインが使いやすく、見た目がどんなインテリアにとも上手く調和し、しかも使って効果があるものとして信用し愛用できるPhilosophyブランドを選んで使っています。


そこで、枕元のサイドテーブルに並んでいるのはSoul Owner Exfoliating Foot Creamと、 Time on your Hands Exfoliating Hands and Cuticle Cream。
この2点プラス、以前はHope in a Tube Lips & Eye Creamが置いてありました。


ところがこのHope in aTube for Eyes &Lips、大好きなのですが、小さいチューブのパッケージが使いにくく、ナイトスタンドからよく転がり落ちて探すのが面倒なことが多いので最近リップはLa Merの平たい安定したジャー入りのものに乗り換えました。
でも私のGーパンのポケットやジム用のリュックにはPhilosopy Hope in a Tubeが必ずあります。
唇乾燥症候群なのでリップにはこだわりますねぇ。
今週末SAKSで新しく仲良しになったジバンシーBAのポーピーちゃんの情報で先週ブラッド・ピットが20個纏め買いした日本未発売のブランドとその唇ケアグッズのお話もまた後日にとって起きましょう。


Philosophyは値段がお財布に優しくて、効果が偉大なブランドです。
そんな点が評価され、アメリカでは優秀なブランドとして根強い人気で有名です。これもまた後日このブランドについて記事にしていきましょう。



睡眠にはお金はかかりません。そんな虫のよい素敵な美薬はどこにあるでしょう!?


さぁ、今夜から眠れる夜の美女を心がけましょう!

Have a Pleasant dream!

La Mer Lip

soul owner

time on your hands

Philosophy Lips

フィロソフィーのHPは www.philosophy.com
上4点商品の写真はNordstromからお借りいたしました。
この記事のURL | Skin Care スキンケア | CM(14) | TB(0) | ▲ top
女心と浮気心
- 2007/05/02(Wed) -
Milaculous Beginnings Kit

英語で浮気をする事を”commit an adultery”といいますが、commit という言い方は”犯罪を犯す”や”殺人を犯す”の時にcommit a crime , commit a muderといった具合に使われるので潜在的に罪の意識がこの単語自体に付いて回る文法となっています。日本語で”浮気をする”と言うのとはかなり違って、シビアな表現なので”スキンケアをあちらこちらとフラフラ変える”行動を指して使うのには英語の場合は的が外れた表現になってしまいます。
これは法律的にも”浮気”に対して非常に厳しいPuritanismのモラルがお国柄のアメリカらしい単語です。

せいぜい"can't stay loyal to one brand"あたりが日本で使う”OOOO・ジプシー”に近い表現でしょう(ファンデーション・ジプシーとかスキンケア・ジプシー)。

アメリカにいらしたら、"I just can't stay loyal to one brand."と大きい声でコスメ売り場でおっしゃってみてください、各ブランドのBAさん達が争ってサービスしてくださること間違いなし。

さてさて、懺悔が必要そうなそんな大人の浮気とは無関係な私の”可愛い”スキンケア浮気心がむずついてきたのはあるブランドを忠実に使い始めて7年目の時。
そういえばそんな映画のタイトルがありましたね。

大変良い成果を長いこともたらしてくれていた”最愛”のスキンケアがどうもマンネリ化して、今一昔ほどのときめきを感じられなくなって来ていました。
何か工夫をすれば出会ったばかりのころの新鮮さがもどるのではないかと、このラインから新製品が出るたびにそれをラインに足しては見ましたが、う~ん、何かが欠けている。
あ~、昔あのころの感動と喜びはもうもどらないのだろうか!
慣れ慣れ状態で効果は感じられなくなってもう数年経つのにずるずるといつものように毎日いっしょに生活を繰り返す。それが習慣だから...。

そんな時期の違うブランドのコスメカウンター通過は”見るだけ、見るだけ”と唱えながらあちらこちらの”新製品”がやたら輝かしく、美しく、きらきらと光って見えてしまいます。
”あ~、そいえば、このブランド、若いころからの憧れだったのよね~。”と、心の中で呟きながら横目で、取りあえず通り過ぎることが出来た、ほっ。
でも見るだけだったら...。だめだめ、見ると欲しくなるのだから。
あっ、BAさんに捕まってしまいました。
そう、立ち止まって見てしまっていたのすら気が付かなかったのでした。

そしてサンプルが私の手に!

ところがサンプルの誘いって侮れないものがあります。軽い気持ちで試すと色んな面で大変なことが起きかねません。
皮膚を”ボロボロにされる”ことも、つい”試すだけ”が今までお世話になってこよなく愛していたラインをやめてこっちに乗り換えようかしらという気まで起こさせかねません。

そんなある夜、日本のコスメブロガーさんのやや古い記事を見ていて、急に美白の化粧品が欲しくなったのでした。
アメリカにはほとんど無い美白関連のライン、さすが日本は美白王国、どのブランドからも美白ラインが出ているのですね。

Cブランドは若きころ憧れのブランド。どうしても試したい。
そこで73歳だというのに家族のだれよりもコンピューターに堪能な日本の父にお願いをしてネットでゲット。

美白効果は感じられませんでしたが、肌のモチモチ感がアップ。これは嬉しかったですね。
そこで満足してやめておけばよかったのに欲を出して”美白ラインでこのモチモチ感だったら、このブランドの1番高いアンチエイジングのラインはきっともっともっちもち~になるはずと信じ、美白ラインも完食していないのに、サンプル無しで現品ライン買いを推進。
皆さんこの先はもうご想像ついていらっしゃることと思います。

”サンプル無しの現品買い”はバクチのようなものです。

案の定欲をかいた女の最後には天罰が。
肌ぷつぷつのぼろぼろ。浮気の後悔先たたずとは正にこのことなんでしょう。

今更7年以上お世話になってきたラインに戻ったところでどうにも治りません。
完全に見捨てられた私の肌に天からの囁きが聞こえたかのように、
”そうだ、La Merのサンプルがあった。火傷やケロイドが治るなら、肌のトラブルに効くかも”。

早い話、効きました。その数日後Miraculous Kitを買いました。

そうよ、あなたを探していたのよ!

今の所、La Merになんとなく落ち着きそうですが、まだお付き合いの日が浅い私はどこかで、本当にこのブランドが私に一番合っているのかしら?もっと素敵な物がこの広い世界のどこかにまだ発見されないであるのではないかしら?本当に肌もハートもゆだねて裏切られないかしら?と、この新しい関係に100%自信が持てないでいる状況です。

スキンケアも恋愛と似ているところがあって、どちらも”あなたをこの世で1番愛している”と初めて言った時期がお肌絶好調の時なのかもしれません。
この記事のURL | Skin Care スキンケア | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。