FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Greatest Love of All
- 2008/05/11(Sun) -
Rose in the Garden
 © all photos 写真の使用は禁じます。












今年も前庭の薔薇が満開の季節になりました。

全部切って母に届けることが出来るのならば届けたい衝動にかられます。









遠くからの母の日。

毎年離れ離れの色々な大切な祝日。

母の日は特に堪える。




プレゼントはいらないといつも言われてしまう。

何をあげたら喜んでもらえるのだろう。




物はもういらない歳だと言う母。

親孝行をしたいといつも思っていてもまったくできていないと思っている娘。




健康で幸せでいてくれることが最高の親孝行だからね、といつも言う母。

そんな簡単なことすら出来ないで母に心配をかけているだめな娘。




”普通”と”平凡”の素晴らしさそして大切さを教えてくれる母。

”普通”と”平凡”の難しさに悩む娘。




自分の子を持って初めて親のありがたさが解るものだと言っていた母。

自分の子を持たなくても親のありがたさは十分過ぎるほど痛感していると思っている娘。




孫を持つ楽しみを与えてあげられなかったね。ごめんね。








手料理の味がどこの料理屋よりも美味しい奇才な母。




料理、編み物、洋裁、手芸、茶道、華道、弓道、エレクトーンと何でもそつなくこなす母。

2年前まではコンサートにも毎年出て演奏していた母。

草花木にやたら詳しい母。

”おばあちゃんの知恵”を若いときから沢山持っていた母。

72歳でゴルフを楽しむ母。




誰にでもとにかく思いやりの深い優しい母。

母の半分も出来ない娘。




2年前大病をし入院、リハビリをしてきた母。

その経過で側に一緒にいてあげられなかった娘。








何十年ぶりに聞いたのだろう、”茶摘”の歌がテレビから流れていた。

歌いながら曲に合わせて手遊びを一緒にしてくれた母。

日本の童歌を沢山教えてくれた母。

歌を歌っている時の母が好きだったことを忘れていた。




水仕事、庭仕事で荒れ果てているはずの手なのにいつも暖かく柔らかかった母の手。




母の手を握っているとすぐ寝てしまう娘。




母の手の温もりは幾つになっても私の安心感の源。




そんな母の温もりを次世代に伝えられなかった淋しい娘。




でも、私の手の暖かさはこれから老いて行く母に返してあげたい。




娘の手を握って安心してもらえるようになりたい。








来年の母の日こそはいっしょに過ごせたらと今年もまた思いながら母の日を迎えた娘。







来年こそはいっしょにゆっくり美味しいお茶を飲みながら昔話をたっぷりしようね。














Happy Mother's Day



世界の全ての母に感謝。



母の愛ほど深く偉大な物はこの世にあるのだろうか。






















茶摘みタイトルをクリックすると懐かしい童謡のサイトへ


夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは
茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠



日和つづきの今日此の頃を、
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ 摘め摘め
摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ



この記事のURL | Un-sorted 未分類 | CM(1) | ▲ top
<<The Art of Tease | メイン | アフリカの女王>>
コメント
--
深く、ありがとう、ちゃこさん。
2008/05/11 17:17  | URL | ゆりじゅり #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。