FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シャネルの追憶
- 2007/06/15(Fri) -

Earring
父からの贈り物Unauthorized use of this photo is prohibited by law.



シャネル・ファンの数はきっと万国共通で、他のコスメブランドが足元にも及ばないぐらいの数程いるのだろうと思わせるエピソードがあまりにも多い。
世界各国のブロガーさん達が書かれる記事を見ていると、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、カナダ、アジア、中近東、ロシア、アフリカと、どこの国でもシャネルのファンが必ず沢山いらしゃるのが伝わってきます。

シャネルのスキンケアは合わないけれどコスメは好きとか、コスメは興味ないけれどバッグのコレクターだとか、シャネルをプレゼントされてそれがきっかけでファンになったとか、シャネルのロゴさえあれば何でも欲しいとう熱狂的ファンまで、ファンになったその経過は千差万別な上、ファンの年齢層、職種、生活水準も至ってさまざまなのがシャネルファンの不思議ではないでしょうか。

皆さんもシャネルはお好きですか?どんなきっかけでシャネル・ファンになられたのでしょうか?

一昔前、かなり昔、泉ピンコや林真理子(確か松田聖子もそうだったような記憶がありますが、ちょっと定かではありません)が異常なシャネル・ファンで、”シャネラーズ”という言葉を流行らした時期があったのをご存知なあなたは熟女年齢層。
このシャネラーズのメンツがきっかけでシャネルが嫌いになったという友達もいましたが、ブランドのイメージは買い手、使い手のイメージでアップしたりダウンしたりということも大いにあると言う証拠に、企業がブランディングのために莫大な資金をプロダクトプレースメントやシーディング・マーケティングに費やしているのが今日の広告・PR事情ではないでしょうか。



皆さんご存知のようにシャネル・ブランドはココ・シャネルが作ったブランド。せっかくなので、シャネル・ファンと大手を振って言いたい皆様の為にシャネル入門講座101を、ここで簡単にシャネルの歴史を通じてご紹介させていただきたいと思います。

ココは1883年にガブリエル・シャネルと命名されて誕生、12歳で結核だった母と死に別れし、父に見放され(父の日の記事にたまたまココの経緯を知らずに選んで書いてしまった皮肉に少し心痛みます、ごめんなさい)、姉ジュリアと孤児院に引き取られるという辛く悲しい幼少時代を送りました。

18歳でお針子になり、27歳でパリ、カンボン通りに帽子屋を開き、その後、当時の女性には斬新な男仕立てのデザインの婦人服を作ったのが評判を呼び、店舗を増やし、38歳の時にかの有名な香水シャネルの5番を発表するまでにいたります。

1930年には海の向こうのハリウッドと契約して、映画のコスチュームの製作にも力を注ぎ、コスチューム・ジュエルリーたるものを世に送り出します。

どの店の資金繰りもバックにいたその時代その時代の恋人達の力だったと言われています。その時々付き合う男性からデザインのヒントを得てはそれが大ヒット、ポロの名手からは開襟シャツ風の上着、ロシアの亡命貴族の彼からは毛皮の裏地コートや刺繍をあしらった服、イギリスの大富豪の彼からはツイードを女性服に使うというアイデアをそれぞれ考えつき、モード界を登りつめたころに第二次世界大戦が始まってしまいます。

戦争で店を閉め、戦後もココはスイスでしばらく静かに暮らすことになります。

1950年、マリリン・モンローが”寝るときはシャネル5番以外は一糸も纏わない”という名言を、その時ココは67歳。

71歳の時15年ぶりにシャネル店復活、その後、2色靴やシャネル19番などファッション暦に残る名品をまだまだ作り続けることになります。

1971年、87歳の時ホテル・リッツでココは静かに息を引き取りました。今はスイスの墓地に静かに眠っているココ。

1983年に(株)シャネルはカール・ラガーフェルトを迎え、第3の最盛期を迎えることになります。
coco 4

coco 3

coco 1

coco 2



私のシャネル初体験は、 ブランド物の初体験。

それはChristian Louboutin, Jimmy Choo, Maloano Blahnik, Sergio Rossi, Rene Cavilla, Bruno Frisoni等が無いような時代、靴の有名ブランドはCharles Jordan(シャルル・ジョルダン)が唯一幅を利かせていた靴のブランドだったようなそんな遠い昔の出来事。

ブランド物に興味が無い十代の時、ブランドに疎い父が出張のお土産として持ち帰ったイヤリングがありました。

本日は父の日にちなんで、父とは切っても切れないシャネルのお話、私のシャネルの追憶についてのお話をさせていただきたいと思います。

私は大変厳しい家庭に育って、親に甘えたり、親に甘やかされたりという記憶がありません。
朝は休みの日でも寝坊は禁物、目が開いたら身支度をきちんと済ませて家族一人一人におはよう”ございます”の挨拶から始まり、新聞は父が最初に読む、食事中はテレビを見るなんてもってのほか、会話すら行儀が悪いというので黙々とよく噛んでいただいて迅速に終える、家族でもありがとうではなくてありがとう”ございます”という、祖父母の家ではつねに正座をするといったような、今の時代ではあまり見られないような古典的日本とも言えるような教育方針の家庭に育ちました。

父のいる空間には、張り詰めた空気と緊張感があり、気がつかないうちに背筋を正している自分がいつもありました。

そんな昭和一桁の仕事一筋で生真面目な怖い父がアメリカ出張からもどってある時突然私に手渡してくれたものがあります。

シャネルのイヤリング。

シャネルが今ほど一般的に知られていない時代、私もティーンの端くれになったばかりぐらいの年齢でしたし、シャネルの価値など到底解っていませんでした。その上、このような厳しい環境で育っておりました為、そういうものに価値観を見出さないように教育を受けており、そんな父からの、誕生日でもない日のブランド物のお土産にはかなり驚かされたのを今でもはっきり憶えています。

今から思えば、ただでさえ女の物や好みなんて解らないような父が一人でビバリーヒルズのロデオドライブへ忙しい仕事の合間に出向いて、ブランド店に入り品定めをしたのは凄いことだったのだと思います。
どうやって選んだんだのでしょう?
きっと売り子さんに選んでいただいたのでしょうね。

ですからその時は初めて手にしたイヤリングはシャネルだから大事、というのではなく、そんな父からの贈り物だったからこそものすごく大切だったのだと思います。
だからこそ、この歳になってもシャネルのロゴを見ると人一倍に嬉しく感じてしまうのでしょう。

今でもシャネルはそんな父への思いと重なって、特別なブランドであり続けています。
私にとってはノスタルジックな追憶、それがシャネル。
シャネルをただのブランド以上の意味がある存在にした父に感謝するべきかどうかは別といたしましてのお話ですが...

皆さんにとって特別な意味のあるブランドってありますか?
ブランド名やロゴが象徴するステイタスからくる人気や、ブランドだからの品質やスタイルの特別さや、デザイン云々にかかわらず、携わった人やシチュエーションが”特別”というような、そういうストーリーって何となく素敵ですよね。

Dad gift

Dad gift 2
父からの贈り物Unauthorized use of this photo is prohibited by law.


歳をとって今では好きなことを自由に出来るようになった父はどこかで気持ちにゆとりが出来たせいか、厳しかった私の幼少時代を可愛そうに思うようになったのか、日本限定物で店舗完売のシャネルをネットで購入してくれたりと、近頃では一生懸命に私の趣味のサポートをしてくれているのがひしひしと伝わってきます。

流石にコスメカウンターへ出向くのは70過ぎの男性なので行きづらいのか、ネットで阪急ビューティーを専門に利用してくれているようです。

先月は、日本からのお土産に父が買ってくれたシャネルのコンパクト、オイルブロッター、シルバーのヴェルニを定番にしているので買い置き用に2セット届きました。どれもアメリカでは未発売品。

あなたの娘は、どうやって感謝の気持ちを伝えたらよいのかが解からなくていつも戸惑っているのです。

そんな父からのシャネルの贈り物も嬉しいし、父の哲学の根底でもある”本当の資産は何があっても無くなったり、取られたりすることがありえない教養”だと言って最高の教育を身に着けてもらえたことももちろんありがたい、でも本当は父という一人の人間を知る事が出来るような会話が沢山欲しい、父が何色が好きで何色が嫌いなのかも知らないから、世界経済の行方の話をするよりも、つまらない話を父としてみたいのが娘の願い。

長いようで短くも、短いようで長くもある人生、不思議な縁で親子になった事に感謝して、お互いこの地球の上で残された時間を大切に悔いの無い毎日を過ごせたらと思います。
この先どれだけいっしょにいられるのか解らないような年齢にお互い共なってきているので、残された時間を有意義に使い、お互いにお互いの事をもっと深く理解出来合えたらと願っています。
恐れて尊敬するのではなく、心から愛する父としてより近い存在に感じたいのです。



シャネルのクリップイヤリングを贈られてから、早30年以上の年月が既に経っています、ピアスの耳になった今でも、このクリップイヤリングだけは大切に使っています。
当時は中国製ではなかったのでしょうか、このイヤリング、今でも大変によいコンディションで壊れる様子も色あせる様子も無く、当時のままの美しい輝きを見せてくれています。
あと十数年もして50年経つと骨董品としても認められるのでしょうか、本物のダイヤでも18金でも無い物ですが、次の代に受け継ぐ子孫がいないのが残念に思わせられるそんな一品です。

ノスタルジアな気持ちがいっぱい詰まったシャネルのクリップイヤリング、いつまでも私の大切な宝物です。


話はココにもどりますが、ココがグレート・デーンをこよなく愛し、しかも私の愛するHarlequinを彼女も飼っていたことを去年偶然に知って、益々、シャネルは私の中では特別で不動な存在になりました。

昔私にシャネルを紹介してくれたお父さんありがとう、そしていつまでも元気で長生きしてくださいとしか言えないそんな口下手の娘をお許しください。
近くに暮らしていたら、毎日力いっぱいに父をハッグしてあげたいし、してもらいたい...本当の私はそんなシンプルなことに一番幸せを感じるような人間なのです。

Happy Father's Day, 世界中のお父さん。
Coco and Harlequin

そして戦争に行っているアメリカのお父さん達、早く家族のもとへ無事にもどってこれますように。
Love, Peace and Happiness on this special day.


この記事のURL | Fashion ファッション | CM(20) | TB(0) | ▲ top
<<「素直」「可憐」「温情」「気だてのよさ」「官能的」「愛らしさ」 | メイン | 脱がせたい女>>
コメント
-父の日ですね・・・-
ちゃこさん(^^)こんにちは。昨日東京も梅雨入りしました・・・

ちゃこさんもボディセルタン使われてるんですねv-237
ちょうど、ちゃこさんの『ないものねだり』の記事がUPされた日に
大好きな山咲千里さんのブログでもボディセルタンの記事だったので、オシャレな人は同じ事をタイムリーに書くんだわぁ~と思ってたんです(^^)
千里さんも日本は美白が占拠しているけど、今年はブロンズ肌v-237
すっきり見えるのでお勧めって事でした。使用アイテムはシスレーのスプレー式なんですってv-266
ちゃこさんの記事と共に・素敵な女性の記事はとても参考になります。。

エスティでメイクしてもらってきました~v-21MAさんがイマイチなのか
私の顔が悪いのか(^^;まぁ~、似合わない(><)BAさんの反応も微妙、、、
せっかくだからと銀座でダーと待ち合わせてお食事をしたんですが
逢ってすぐ「メイクしてもらったけど何か違わない?」とダーに聞いたら「顔が黒いね」ってv-12
どうもお気に召さないらしかったです・・
エスティの帰りに、顔はもういいから(爆)素足が多いので足に使える物を探して
クラランスやヘレナを見たけど、セルタンは面倒だな(笑)と思って
何気なく立ち寄ったランコムでスプレー式のブロンザーを発見v-237それを購入したので、手・足はうっすらブロンズ肌になる予定です(^^;

ちゃこさんのお申し出にすっごく感激している私v-238
本当に本当にありがとうございます!!!
ちゃこさんの期待に反して、あまりにブロンズメイクが似合わなく
(ちゃこさんがおっしゃるように初心者の為の失敗で、根気よく続けないといけないんですが。その気力も薄れるほど)
撃沈しましたので、クラランスの件は大丈夫ですが
せっかく素敵なお申し出を頂いたので私からちゃこさんにお送り出来る物があれば。。。
ReViveのトライアル、ザギンザのスキンケアとか・・
何かあったら気軽に言ってくださいませv-237

やっぱりお写真のオブジェはちゃこさんの趣味で選ばれた物だったんですね~v-238
ブロンザ肌の天使のオブジェ!全体が見たかったです(^^;もちろん記事の綺麗なメイクアイテムともばっちり合っていましたv-238
ちゃこさんの洗練された雰囲気はインテリアにも表れてますもんね。。エンジェルやギリシャぽい彫刻とかに惹かれるのは私も一緒です(^^)規模が違うので私は見るだけですが、エンジェルは小さいのをインテリアにと買ったりしてます。。。

今回の記事も何度か読み返すほど素敵でしたv-238感動しちゃいました。。。
ちょうど明後日が父の日でv-25私も考えていたところだったし
ちゃこさんの幼少の頃のお話し・お父様とのお話しが伺えて・・
厳格だったお父様の出張のお土産のシャネルのイヤリング。それがきっかけでシャネルがただのブランド以上の意味を持ったのってよく分かります。
私もそうだったので(^^)ちゃこさんのお家とは全然違う・中流で平凡なユルユル家庭で、父もおもちゃや食べ物は買ってくれてましたが
初めて買ってくれたブランド品がシャネルだったんですv-238その時のBAさんが、また優しい人だったのもあって。。それからコスメはシャネルを溺愛するようになりましたv-238

ちゃこさんのお父様、今ではちゃこさんの為にネットで購入したりと優しいですね(^^)
昔から優しいとは思いますが、表し方とか・年月を経ると人間が丸くなるとかありますもんね・・・
でもちゃこさんの『残された時間を有意義に使い、お互いにお互いの事をもっと深く理解出来合えたらと願っています。
恐れて尊敬するのではなく、心から愛する父としてより近い存在に感じたいのです』ってじーんときました。
これからお父様ともっともっとお話が出来たら良いですねv-22
30年以上経っても素敵なシャネルのイヤリング・それはちゃこさんからお父様への特別な感情がこもっているので余計に素敵に輝いて見えるんですねv-238

ちなみに泉ピン子・林真理子・松田聖子・あと小柳ルミコやハイヒールモモコとかがシャネラーって知ってる私は熟女年齢層だわ(笑)
2007/06/15 01:05  | URL | ミキ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさん こんばんは

今週の日曜日は父の日ですね。
昨日私も2人の父のプレゼントを買いに行って来ました。

私の父もちゃこさんのご家庭ほどではありませんが厳しく行儀作法などうるさかったです。お風呂や新聞を読むの順番、ご飯時も私たちが小さい頃は男が先に食べ女・子供が後という事もありました。仕事熱心で子供の頃に一緒に遊んでもらった事がありませんでした。思春期になると嫌いではないものの接点が見つからず会話もせずに過ぎていきました。そんな私と父を見て主人が何故親子で会話をしないのか不思議がりましたが、そう育ってきてしまったので私と父とでは当たり前の事でした。ですから私の主人は娘が生まれてから思春期になったら離れていくからそれまで密に接するように気をつけていました。それが効したのか娘と主人はとっても仲良しです。
話がずれましたが、そんな父が年を取り最近たわいの無い話が出来るようになってきました。定年を迎え病気などをして気弱になったりした時期に初めて人間味を感じました。そんな父に私は照れ臭かったりするのですが頼りにしてくれるのも嬉しかったりするのでこれが親孝行なのかなと思い接しています。

ちゃこさんに買ってこられたシャネルのイヤリング。嬉しかったでしょうね。
お父様はどういう思いでちゃこさんにシャネルのイヤリングを買われたのかしら?戸惑いはあったでしょうね。
でも大事な大事な宝物ですね。

よく父が娘にブランドのバッグやアクセサリーを買って下さる方がいらっしゃいますが、羨ましく思ったものでした。
でも結婚して主人に買って貰える時に感謝が出来るのは親から何でも買い与えられなかったからかしら?と思っています。

さてシャネルですが、バッグが2つとお財布・コスメを持っているぐらいです。エレガントなイメージがあるのでまだ使いこなせないと思っています。この年になっても使いこなせないのですから一生縁がないのかもしれませんね。
テレビで女社長の特集をすると「私こそ日本一のシャネラーよ」と出てくる方がよくいらっしゃいます。好きなブランドで身を固められるほどの財力があったら私もそうなるのかしら?いや、そうならない気がします、、、。

ファーストシャネルは結婚をして長女が生まれ子育てで奮闘している時に両親がヨーロッパ旅行に行った際に買って来てくれたのがトート型のキルティングチェーンショルダーです。先ほども書きましたが親からブランド物を買ってもらえる事が無かったのもあり、嬉しくてそのバッグの中にオムツを入れて持って歩きました。今でも大事に使っています。

私が大事にしているブランドは何かしら?ボストンで生活している時に誕生日にニーマンマーカスで買ってもらったロエベのバッグでナッパ素材の魅力の虜になり、少しずつ買っています。飽きが来なくて何年でも使うことが出来ます。
それから永遠の憧れのエルメスでしょうか。フランスで見かけた使い込んだケリーを修理に持ってきた御婦人のように使いこなしたいと言うのが私の理想です。

ブランドに頼らない、持たされない女になりたいですね。

取り留めも無く長くなってごめんなさい。

2007/06/15 06:10  | URL | matilda #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさん、こんにちは

お父様のお話、読んでいてお父様の気持ちが何となく分かるような気がします
きっとお父様はちゃこさんを大事に思い、しっかりと育てなければと思われていたのでしょう
その為にどうしても厳しくなられたのでしょうね
でもやはりそこは父親、当時男の人がそんな店に入るのは恥ずかしかったでしょうに
可愛い娘さんの為にわざわざ買いにいらっしゃるなんて・・・・
ちゃこさんは大事にされていたのですね^^

そうなんですか!!
世界中で愛されているブランドの創業者のココがデーンを飼っていたなんて!!
すごく嬉しいです!
デーンは一度飼うと二度と他の犬種は飼えないぐらい惚れこんでしまいますね
デーンは私にとって最高の犬種です
2007/06/15 20:23  | URL | ももちゅわん #-[ 編集] |  ▲ top

-CHANEL-
CHANELの記事!凄く素敵v-238
同じ物を書いてもこうも違うのね・・・(;´Д`A ```
あたしがCHANELを好きになったのは
こういう素敵なエピソードがあったから
ではないのが残念・・・
コムスメが普通に煌びやかな物に
憧れる気持ちで好きになったような
気がします。
あのココマークに憧れてv-238
何個も買える金額の物では
ないので、BAGもCHANELは一つしか持っていないんですが
大事に使ってます☆

あたしも小さい頃は、厳格な家で育ちました。
父は温厚で人好きする人柄なのですが
祖父が厳格な人で・・・。
教養こそ財産だという考え方は母の考え方です!
そこは共通なので嬉しいですv-22
人に盗られる物ではないのでしっかり学んで欲しいと思っていたようです。
娘がその通りに育ったかというと・・・ですが(苦笑)
そこそこの教養を身に付け、現在に至ります(笑)
その考えは母からあたしへ受け継がれ、やがて娘へ受け継がれていく物と
思います。

シャネラーと呼ばれていた方々、あたしもわかりますよ!
彼女達のイメージでCHANELのイメージも
多少変化がありましたよね。
つんく。さんもシャネラーだった気が。
あの当時は、あまりシャネルに惹かれなかったので、持ってる有名人の方のイメージっていうのも大切なんでしょうね。
2007/06/15 23:23  | URL | あいぼん #EBUSheBA[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさんe-241
フィロソフィのお返事ありがとうございます、お忙しいのにゴメンナサイネ。

私はちゃこさんとは正反対でかなり甘やかされて育ちましたv-356
我が家には“躾”と呼べるものがなかったような気がします・・・
特に父親は女の子の一人っ子だった私を甘やかすだけ甘やかしてしまったんじゃないでしょうかね。
教養を全く身につけづにそれなりの年齢になった今、ちゃこさんの記事を読んで改めて自分自身を振り返ると恥ずかしくなります。
今からでも遅くないかしら?
中身のないカラッポの女性にならない為に、ひとつでも多くのことを吸収しなくちゃ!という気持ちになりました。

私もシャネルは大好きe-415
シャネルが好きというよりシャネルの化粧品が好きと言ったほうが正しいかも。
コスメ以外の物は何一つ持ってないので。
どうしてシャネルに憧れるようになったのか今となっては思い出せないけど、シャネルには女性を惹きつける素晴らしい魅力があるのは確かですね。
ちゃこさんとシャネルは不思議な縁で結ばれているのですね。
2007/06/16 03:43  | URL | 小箱 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさんv-238

今回はシャネルですかぁ~。私はあまりブランドに興味がないのでよくわからないのですが、シャネルのコスメはポツポツと買ってますね~。特にファンデはお気に入り。タンイノセンスコンパクトクリームは現在3つ目。過去にもいくつか使っています。色出しが好きで、透明感の続くところもお気に入り。最近のヒットはクチコミでも人気のアイライナーかな。パープルが欲しかったよ~。

ちゃこさんの素敵なお父様とのお話が聞けて嬉しいです。我が家も厳格な家庭でした。ただ父とはあまり良い思い出が無くて…。今でも色々としこりが残ってしまって、あまりお話する事がなくてごめんなさい。いつの日かちゃこさんのように素敵な親子関係が築ければ良いのですが。

そういえば、最近日本でオンエアされているCMでデーンちゃんが出てくるのがあるんですよ。まだ一回しか見てなくて、しかも一瞬だったので何のCMだったのか思い出せないのですが。黒いデーンちゃんでしたよ~。

ちゃこさん、今度はTrish McEvoyの宣伝部長さんですか~。嬉しい!すっごく興味あります。アーチスト系にメロメロなので(笑)そうか~HP工事中なんですね。早く復活してくれないかな。楽しみです。Serge Lutensってのもあるんですね、初耳~。そちらの宣伝部長さんも是非お願いします。

今日の東京は晴天で暑かったです。向こう一週間の天気予報も雨マークはなし。梅雨はいったい何処へ?降るべき時に降ってくれないと困りますよね~。アイスクリームは美味しいけど!(笑)
2007/06/16 05:48  | URL | SALTER #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさん、こんばんわv-280meguですヾ(*'-'*)
1日ブログに入れなかったらもこんなにお散歩遅くなっちゃった~ε=ヾ(;゜ロ゜)ノv-356

父の日・・meguは昔から父の日した記憶がないです(´~`)
今では、お付き合いもしてるんだけど(なんせ携帯の家族割引は旦那じゃなくてパパとしてますv-344)会ったりして、親子してるんだけど・・。
昔から、家庭を顧みない父だったなぁ・・。今の家庭は違うみたいだけどネ。

シャネル、meguもだぁいすき+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ e-266
ココ・シャネルの生い立ちは知らなかったんだけど、シャネルを築き上げた人だもん、すごい人だと思いますv-266
こないだ初めて香ったシャネルのガーデニアv-254
すんごくいい香りでmeguだいすきにv-10
残念ながら、普通のShopでは買えなくて、直営店のみで買える様になったそうなんで、今度見てこようかなっっでも高そうv-356

ちゃこさんのお父さん、PCでシャネルをポチッてくれるんですか(#´艸`)
すごいv-363
なかなかできないよね、PCショッピングなんてv-344
ステキなお父さんですね(*^▽^*)
2007/06/16 06:02  | URL | Megumi #-[ 編集] |  ▲ top

--
今回もとても素敵なお話でした!
父の日は特に特別何かをした覚えはないのですが、今度からは何かしてみようかしら??
いつもそばにいる感覚があるので、特別何かということがないんですよね・・><反省・・。

ちゃこさんの家ほど厳しくは育てられていないですが、この前メールでお話したとおり同じところもあります。
ココまで厳しいと、私は暴走しちゃいそうですけど(笑)
うちは結構くだらない話が多かったのでその点が庶民なんですよね~~
でもそのくだらない話が楽しかったりはしたんですけどねww

それにしても!
ちゃこさんのお父様可愛い~~♪
ネットでぽちっとしてくれるなんて!!
うちはそこまでは無理ですね(笑)
今もUSのどこかで旅してるんですが、頼んだのはスターバックスのタンブラーです(笑)
化粧品も頼みたいのですが、恐ろしくとんちんかんな物を買ってきそうで、怖くて頼めません(笑)


シャネルは私も凄く憧れのブランドでした。
自分でお金を稼いでは、シャネルを買う!それが凄く楽しみでもあり、大人の女性に近づける一歩でもあったんです。
今では逆にチープな物が好きですが・・・笑
最近はあまり持たないのですが、どれもこれも大事な思い出が一杯で、捨てれないんです。
今度UPしてみますね~~♪

ちなみにうちのわんちゃんは、ココというのですが(そこからとって、私はここと名乗っていますww)、実はココシャネルからつけたんです☆
わんちゃんにはココと付けようと決めていて、彼女の鞄もシャネルにしよう!と(笑)

でもうちの子は顎が出ているので(反対咬合なんです)、ココシャクレといわれていますが・・・泣


素敵な娘さんに育て上げ、こうやって大事に思ってもらえるお父様は、本当に幸せですね!!!
2007/06/16 08:15  | URL | ココ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃこさん、こんばんは。
今回もとても素敵なお話ですね。
お父様から初めてもらったのがシャネルのイヤリングだなんて、なんて素敵なエピソードなんでしょう!
お父様がちゃこさんを、そしてちゃこさんもお父様を本当に大事に思っているのがとても伝わってくるお話で、感動してしまいましたe-267

私の父は、娘の私が言うのもなんですが、本当に優秀な人で、小さい頃からもう居るだけで、絶対に逆らえないと心のどこかでいつも思っていました。ですから結果的に、一度も厳しく怒られた記憶がありません。仕事がとても忙しく、小さい頃も旅行や遊園地なんかに連れて行って貰った事も無く、勉強を教わる以外は会話もあまりしませんでした。でも、結婚してから変わりましたね。長女を出産した後、出張先のベルギーでダイヤのピアスを買ってきてくれたんです。出産お疲れ様って。びっくりしたのと、嬉しいのとで何だか照れくさかったですね…。
横で母が、「私には何も無かったのにね」と笑っていました。
娘の誕生で、昔に比べたら随分お互い自然に接することが出来るようになったと思います。

シャネル、本当に素敵ですよね。お洋服やバッグも素敵ですが、アクセサリーの可愛いこと!ちょっとおもちゃっぽい、でも決して安っぽくない。そんな風に身に付けられる女性って素敵だなと思います。私にはとっても無理ですが…。だからシャネルはコスメ以外は何一つ持っていません。いつか、身に付けても不釣合いにならないと思えたらいいな、と。

何だか自分のことばかりの長文になってしまい、すいません。
2007/06/16 09:04  | URL | おかじゅん #QfwVx/rE[ 編集] |  ▲ top

-ミキちゃん-
ミキちゃんv-238

大変ご無沙汰してしまいましてごめんなさいね。

セルタンの利点の一つはメリハリあるボディに見えることなんですよね。まるでジムに1ヶ月通って筋トレしたかのように見えてしまうということも無きにしも非ず。
山咲さんの場合はそのような効果は必要ないでじょうから、トレンディなのでやっていらっしゃるのでしょうね。シスレーのセルタンが良いというのは初めて知りました。サンプルがあるかどうか今度聞いてみますね。クラランスとあわせて他のブランドでもサンプルあったら抑えておきましょうか?それともセルタンより他に気になる物があったら教えてくださいね。後ほどメールで。

前にもお話しかたかもしれませんが、Bare Escenturals Faux Tanが値段、簡易さ、色味の3点全てからお薦めできるボディセルタンだと思います。
フェイスはシャネルが良いと聞いていますが、まだ試していないので解りませんが勇気が出たら試してみようかしら?でも顔のセルタンはちょっと怖い気がしますので今のところ私はもっぱらコスメブロンザーにお任せしています。

スプレー式って便利そ~う。Tanning Salonでも最近はスプレーがメインになってきていますよね。セレブはスプレーセルタン専門のMAの方にエアーブラシで陰陽を体に描いてもらうのが最近流行っているそうです。胸の谷間を濃い色にしてバストを大きくイルージョン!ふくらはぎのはっぱ筋肉を描いてメリハリ!といった感じだそうですよ。

エスティのBAの方ブロンズメイク慣れしていなかったのかもしれませんね。かなりのテクが必要だそうですから。アルマーニのBAさんはきっとお上手なのではないかしら?あそこは毎年必ずブロンズパレットを出していますし、ブロンザーの種類も多いし、それを売りにしているからはずさないような気がしますが、もし試しにブロンズメイクしていただく機会があったらしていだたいてみてくださいね。

ミキちゃんもエンジェルが好き?同じで嬉しい!玄関で子供達の足拭きのおしぼりを入れておく物も天使な他、部屋一つ一つにそれぞれ違った天使がおいてあります。

ミキちゃん凄くやさしいお父様で羨ましい。食べ物とオモチャ最高!子供のころミキちゃんとお友達で遊びに伺っていたら、ミキちゃんのお家の子供にしてくださいって帰らなかったかも(笑)。
家、ミドルクラスですよ~(笑)。

シャネルのきっかけが同じだったのですね~!奇遇!でもそういうご家庭の方結構多いのかもしれませんよね。やっぱりシャネルはそれだけ憧れ的ブランドだった時代に育ったのだったのかもしれませんね。”熟女年齢層”ですから(笑)。

IMやSKYPEで家にいそうな時を狙ってコミュニケーションをはかりますが、父は”趣味”で結構忙しいみたいで、ヒット&ミスって感じで話が出来たり、出来なかったり。出来てもやはり”昭和一桁”の壁は厚く立ちはばかっていますよ(笑)。それでも話せた時は嬉しいです。
2007/06/24 22:26  | URL | >>ちゃこ から ミキちゃんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-matildaさん-
matildaさんv-238

お久しぶりです。お返事遅くなってごめんなさいね。メールのお返事、もう少しお時間いただいてもよろしいですか?

双方のお父様方きっとお喜びになられたのでしょうね。楽しい父の日を送られたことと思います。

そうそう、お風呂の順番というのもありましたよね(笑)。matildaさんのお父様も言わずと知れずの昭和一桁ですよね?軽い会話が出来ないのはどうも照れくさいからのようです。子供だとそんなことは理解できませんで、”嫌われている”というふうに思ったりもしてしまいました。matildaさんのお父様が会話が少なかったのもこの”照れくさい”が原因だったような気がしてなりません。
お嬢さんとご主人様が仲むつましいのは素敵。いいですね~。

歳を取られてから病気をなさったお父様、今はお元気でいらっしゃいますか?
今度はmatildaさんを頼りにされるおられるお父様に”照れくさい”とお感じになるのがなんだか微笑ましい(笑)。素敵な親孝行をなさっているのが伺われます。

昔はブランド物が今のように氾濫していませんでしたものね。だからこそ本当にありがたいと感じたのかもしれません。

それは優しいご主人様です!matildaさんアツアツ~、というか、それだけ主婦、母、ワイフとして色々しっかりいつもなさっておられるからこそ、ご主人様の感謝の気持ちがそういう形で現れているのでしょうね。

学生のころ”30歳になったら赤いシャネルスーツが似合う人になっていたい”と何故か思っていました。いざ、その年齢になったら、”う~ん、まだ早い、40歳だわね”、そして40を迎え、”まだまだかも。50かな?”と思って早4年、きっと6年後は”だめだわ、60だったら大丈夫!”と思うのでしょうか?60で着たら還暦のお祝いの赤いちゃんちゃんこ代わりになってしまいますよね(笑)。

matildaさんもシャネルとご両親の切っても切れない思い出がおありでしたか~。皆さんそうなんで奇遇。シャネルのCMになりそうなエピソードばかりですね。

自分のスタイルに似合いそうなコレクションが出たら買いたいと思っていますが、今のところまだバッグはロベエもシャネルも持っていないのです。

Valentino、YSLあたりがツボなデザインが多いかしら?ついこのブランドをリピートしてしまいます。最近のPradaは奇抜でツボ、かなり気に入って使っています。服装がいたってシンプルなのでバッグは主張の強い物を選らんでしまいますね。
どうしても欲しいFendi Spyがありましたが買い損ねましたことがかなり長い時間悔やまれています(笑)。
2007/06/24 23:21  | URL | >>ちゃこ から matildaさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-ももちゅわんさん-
ももちゅわんさんv-238

ももちゅわんさんが書いてくださったコメントを父に見せてあげたいです。きっと喜ぶでしょう。
昭和一桁の親を持ったお子さんたちは皆さん結構似たような経験の方がいらっしゃるみたいですね。そういう時代だったのでしょうね。

そうなんですよ~!
ココのセンスの良さは犬の選択にも反映されていたのです。
日本でもそう言われているのですか?アメリカ人だけが”Once you have Great Danes, you will never want to get another breed"と言っているのかと思いました(笑)。
異文化の国の人たちがまったく同じことを口をそろえて言うのは何だか不思議ですね。
デーンの魅力は飼ったことがある人にしか解らないのかもしれませんね。
本当に不思議な魅力を持った最高のブリードです。それが自分だけの偏見でもなさそうなので嬉しいかも。
2007/06/25 00:06  | URL | >>ちゃこ から ももちゅわんさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-小箱ちゃん-
小箱ちゃんv-238

小箱ちゃ~ん!お約束したことが大変時間をとってしまっていて本当にごめんなさいね。でも待っていてね!

いいな、いいな。蜂蜜のようにとろ~りと甘く育った小箱ちゃんはだからとってもスイートなお人柄なのね。
大人になれば誰もが自分の経験から色んなことを身に着けて素敵な女性に自然になっていくのではないでしょうか。こうして小箱ちゃんのお人柄もとっても素敵で皆さんに慕われているのがその証ですよ~。
女性に大切なのは”愛嬌”と母がいつも申しております。私もいくつになっても”中身が可愛い”と言っていただけるような愛らしい性格の女性でありたいです。

私もバッグは持っていないのよ。シャネルから”かっこいい”バッグが出たら欲しくなってしまうかも、どうしましょう!?(笑)
2007/06/25 13:06  | URL | >>ちゃこ から 小箱ちゃんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-SALTERちゃん-
SALTERちゃんv-238

お返事遅れてしまってごめんなさいね。いつもコメントを本当にありがとう。

さて、今回はシャネルでしたね~。コスメブランドでは、SALTERちゃんもやはりNARSがNo.1なのかしら?のりちゃんもCallistoちゃんも皆NARS狂ですものね(笑)。

タンイノセントが合うのはSALTERちゃんのお肌が綺麗な証拠ですよ~。もとのお肌が綺麗な方にはとても人気が高いですよね。私には色が合わなかったのと(アジア限定の1番白い色を選んだのですがそれでも黄色過ぎた上に濃すぎたの~)、カバー力がもう少し欲しかったので、残念ながらお蔵入りしています(泣)。
ウォータープルーフのスティロは日本で大ヒットで品薄らしいですね。こちらでは特に人気があるわけではないのですよ。アジアンには、なす色のアイラインはこれから益々人気がでるでしょうね。ブラウンアイに特に似合うそうです。

そのCM見たいわ。こちらでもデーンは沢山CMや映画に出演しています。アメリカではScooby DooやJetsonやMarmaduke等のアニメやカーテゥーンで昔からデーンは子供達に慕われているブリードなんですよ。

Trish McEvoyに興味!?やったですね~(笑)。早く日本のデパートに入るといいですよね。彼女の旦那さまは皮膚科の先生なので彼女のスキンケアラインの中には優秀な物があります。

Serge Lutensは長い間資生堂InouiのクリエーティブディレクターをしていたマルチタレントアーチストですのでInouiを簡素化した感じの超ミニマリストなコスメです。チークは1色、口紅5色、アイパレット1つしか出していないのですが、かなり値段がはるのでバラエティが無くてホッとしてます(笑)。

アイスクリーム万歳!!(大笑)でも夏はどちらかと言うとイタリアンアイスかシャーベットかな?
2007/06/25 13:32  | URL | >>ちゃこ から SALTERちゃんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-Meguさん-
meguしゃんv-238

meguしゃん大人気ブロガー大先輩なのに、いつも初心者のささやかな私のブログへまでご多忙の中お散歩に寄ってくださって本当に嬉しいです。感謝です(ぺこり)。

どこの国でも、父の日は母の日に比べるとかなり小規模になってしまうみたいですよね。母がよく”昔特攻隊の兵隊さんがゼロ戦で突っ込んでいく最後の言葉は、おかあさ~~~ん!!!で、だれもおとうさんと叫んで自滅した人はいないわよ”と聞かされて”父親って可愛そうな存在なんだな”とか思ったりしたのを思い出しました。

meguしゃんのコスメ知識はプロのコスメジャーナリストを超えるぐらい、半端ではないほど広範囲に及んでいるのでその数多いブランドの中でシャネルが好きと言うことだけで、シャネルの凄さが語られていますよ~。
シャネルブティックでしか買えない香水のシリーズ、数週間前に私も全部嗅いできました(笑)。かなり重い系の香りが多く、私には使いこなせなさそうでした。meguしゃんのお好きなガーデニアは中では軽い方で人気があるそうですね。

父はPCを治せるほどオタクなので、周りの方から”PCドクター”と呼ばれているそうです。だから”ポチる”のはきっと朝飯前なんでしょうね(笑)。ありがたいです。
2007/06/25 13:51  | URL | >>ちゃこ から Meguさん #-[ 編集] |  ▲ top

-ココさん-
ココさんv-238

ご無沙汰しております。お返事が大変遅れてしまってごめんなさいね。

ココさんのように、お父様の側にいつも自然体でいて差し上げているのが本当の親孝行なんではないかしら?特別に何かをする必要がないそんな親子の絆って微笑ましいと思います。素敵ですよ。
お父様をうんと喜ばせて差し上げるのにはきっとココさんのお家でしたら、ご家族揃っての旅なのでしょうね。家族旅行はとっておきの思い出をつくってくれますものね。

そうなんですよ、主人に”よくぐれなかったね、普通不良になるか家出するよ”と言われてますが、箸の上げ下げのような小さな事さえも震え上がる程怖かった父なので、そんなことをしようものならばもっと恐ろしいお叱りを受けることを考えるとそんなことをしよういという気持ちなぞ微塵も起きませんでした(笑)。

父が私のレベルまで下がって話しが出来るのはせいぜい映画の話ぐらいですかしら?私が薦める映画が面白かったよと喜んで話してくれる父との会話は楽しいです。大概は世界経済の話でしょうか?まぁ、それも悪くはありませんが、セレブのゴシップを会話内容に父とするのは無理でしょうかね~(笑)。趣味がPCのプログラムやら修理なので、ネットでぽちっとするは朝飯前のようですね。父は大学でFinancial Statisticsの講師をしているので本当はその手の話を私と沢山したいみたいです(笑)。

ココさんはお父様が海外旅行される時DFSでのコスメのお買い物はお願いされたりしないのかしら?お父様からの旅先のお土産、今度是非見せてくださいね!

そんな~、ココシャクレなんて~。犬って私達が言っていることをよく理解しているので傷ついたような表情をしていたりしませんか?せっかくシャネルにちなんで”ココ”ってつけてもらったのにって思っているかもしれませんよ(笑)。

素敵なココさんにそのように言っていただけたことを父が聞いたら心から喜ぶことと思います。父に代わって、”ありがとうございます”。
父もかなりなアメリカファンなので、ココさんのお父様の旅のブログ、父も楽しく拝見させていただいている様子です。
2007/06/25 15:25  | URL | >>ちゃこ から ココさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-おかじゅんさん-
おかじゅんさんv-238

お子様が一番手がかかるお忙しい歳で一息つけるような時間すらないでしょうに、いつも遊びにいらしていただけて本当に嬉しいです。今回は特にお返事が遅くなってしまってごめんなさいね。

シャネルと父の話、なんだかいつもに増して長い記事になってしまったのにも関らず、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

おかじゅんさんのお父様、大変ご立派な存在の父上で素敵。存在感だけで周りから尊敬されてしまうのはやはり出来たお人柄のせいではないでしょうか?そんなご家庭で育たれたおかじゅんさんは素敵な女性。こうして交流させていただけて嬉しいです。

お孫さんは目に入れても痛くないほどきっと可愛いのでしょうね~!
ダイヤのピアスは本当にお洒落な選択、きっとおかじゅんさんのお嬢様が大人になって語り継がれる話になることでしょう。
アメリカでも子供や孫が可愛すぎると生まれたての時はダイヤのピアス、5~6歳になると子馬、16歳になるとポルシェ、といった感じでプレゼント攻めにあうようです(笑)。

おかじゅんさんでしたら、シャネルのトートをオムツ入れにして持たれてもとっても素敵そうですね。私もシャネルのバッグは持っていないのですよ。

いえいえ、とっても楽しく読ませていただきました。また色々お話聞かせてくださいね。楽しみにしております。
2007/06/25 15:42  | URL | >>ちゃこ から おかじゅんさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-あいぼんさん-
あいぼんさんv-238

お返事大変遅くなってしまってごめんなさいね。何だかコメントのお返事を沢山書いていたら、順番に混乱してしまってあいぼんさんへのお返事書いたのに消えていたのを気がつかなかったのですv-399
コメント数を見たら奇数だったので”あれ?おかしいな”と思って調べてみたらv-404
本当にごめんなさいねv-421
WORDに書いて保存してあったのでコピー貼り付けが出来てたのでよかった~。
下記は25日に書いたものです。


   記

私とあいぼんさんの姫と同時に発熱していた様子、なんだかとても可愛そうでした。回復がスピーディだった姫はやはり”若さ”なんでしょうね~。やわやわぴちぴち無垢のお肌も羨ましいけれど、病気の回復のパワーはもっと羨ましい(笑)。

あいぼんさんもシャネルに特別な思いがあるのですね。バッグはあいぼんさんのイメージからだとやはり可愛らしい淡いピンクのキルティングにゴールドのアクセントなのかしら?

お父さまお優しそうですね。よい父の日をいっしょに過ごされましたか?
お母様のお考えはあいぼんさんの気がついていないところで根強く身についていることをある日突然感じられることがきっと出てくることでしょう。
ご両親の素晴らしい教育がこうして交流していただいている中であいぼんさんの素敵なお人柄として花咲いて私を含め周りの方があいぼんさんをお慕いする形で現れているのではないでしょうか(ニッコリ)。

つんくさんって何故か美川健一さんとイメージがだぶるのは私だけかしら?
2007/06/26 10:00  | URL | >>ちゃこ から あいぼんさんへ #-[ 編集] |  ▲ top

-やっと来れたぁ♪-
ちゃこさん、こんにちはv-278またまたスッカリ出遅れちゃいましたe-263
でもこの記事は一度読んだんですよ。改めて後日訪問・・・と思っていたら、こんなに遅くなっちゃったe-263
シャネルとお父様のお話、とても興味深く読ませて頂きました。
ココ・シャネルの事は細かく理解していなかったので為になりましたよぉv-238
でも1971年といえば、私がこの世に誕生した年。同じ年にココ・シャネルが他界していたなんて、知りませんでしたぁv-399
ちゃこさんは厳格なご家庭で育ったのですね。私はごく平凡なサラリーマン家庭、父はとても子煩悩で沢山の所に遊びに連れて行ってくれました。そして一緒に沢山遊んで貰いました。我が家は怒るのは母の役目でした。
私はわんぱくな子供だったので、悪さをしては母にこっぴどく怒られていました。
何度玄関の締め出しを食らったことか。(○´艸`)
だから母が怖かったぁv-12
だけど一番長い時間一緒に過ごすのも母親なので、母の事は大好きでしたよ。普段顔を合わす時間が少ない父だから、怒ると子供との距離がますます遠くなると思っていたのでしょうか。父は怒る役目を母に託していたようです。
勿論私もバカではないので、分かっていましたよ。
父が怒っている・・・と。
怒らずに逆に黙っている方が余計に怖いという事ありませんか?笑
怒ってるのに黙っている方が怖い~v-12ヒョエーv-12
その分ちゃんと母に怒られましたけどね。
そのお陰で?、家族4人(弟がいます)はとても仲良し、父との関係も幼い頃からずっと良好です。
我が家は本当に中流家庭なので、両親はブランド物なんて全く知らず。笑
これは下流なのか??
よってプレゼントしてもらった事は一度もありません。笑
ジュエリーツツミで指輪を買ってくれた事はありますけどぉv-238
シャネルの世界とは程遠いです。笑
100の家族がいれば、100通りの育ち方、育て方があるのですね。
今回はそんな風に感じました。
ちゃこさんのブログは、いつも何かを改めて考える・・・という機会を与えて下さるので、大好きですv-238
2007/06/28 20:01  | URL | cami #MKPo.Kpo[ 編集] |  ▲ top

-camiちゃん-
v-238camiちゃんv-238

まだまだ本腰を出してはストレスになるような体調ではないのかしら?
それなのにこんなに沢山のコメントを書いてくださって姉は嬉しいのやら心配なやらです。

camiちゃんの生まれた年とココが他界した年が同じだったとは、やはりcamiちゃんは若い!

優しいお父様で楽しい幼児期を過ごされたのですね。お父上は娘さんと遊ぶ時はどんな遊びをなさったのかしら?リカちゃん人形で遊ばれたとか???
camiちゃんわんぱくだったのだとしたらお父様が外で鉄棒の逆上がりとかを教えてくださったのかしら?

お母様が”子供を叱る”という嫌なお仕事を一手に引き受けられたのですね。きっとお父様は可愛い娘にちょっとでも嫌われるのを恐れていらしたのではないかしら?お母様はそんなお父様の気持ちを汲まれて仕方なくその嫌われ役を買って出られたのかもしれませんよね(笑)。Camiちゃんが”お母さん怖かったけれど大好き”と言う言葉からそれがよく伝わってきます。

確かに大切な人に口を聞いてもらえないのは辛い。答えます。

家も含めてですが、日本だと、皇室とか一部の特殊な方でない限り、ほとんどの家庭の9割が”中流層”に入るのではないかしら?(笑)

私は主人に”少し頭を休めなさい”とよく叱られます。だから私の記事を読むことでCamiちゃんにまで頭の運動を強いてしまっているのには、はっとして、ちょっと反省。ブログは楽しむところですもの、あんまり考えるような記事を書くのは良くないかもしれませんよね(汗)。でもCamiちゃん優しいからそれを大好きと言ってくださって嬉しいです。疲れている時はボーとするのが1番だからそういう時は私の記事はスルーしてね~。
2007/07/01 12:22  | URL | >> ちゃこ から camiちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://chakotodaichan.blog101.fc2.com/tb.php/27-6eaadd51
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。